金子ブログ 第1437回
雰囲気抜群!黒ツボダイヤル!
GMTマスター 1675/3 オールトリチウムのご紹介!

こんにちは!

コミット銀座から金子がオススメ腕時計をご紹介致します!
本日はヴィンテージGMTマスターの黒ツボダイヤルでございます!!

ロレックス GMTマスター オールトリチウム
Ref.1675/3 Serial.57番台(1978-79年頃製造)
Cal.1570 FF480/78363-H14 クラスプコード VD
付属品:本体のみ
SOLD OUT!!

第2世代 GMTマスターコンビモデル”Ref.1675/3” 

1970年頃~1980年頃迄生産のGMTマスターコンビのファーストモデルです。

ブラウン、ブラックとダイヤルカラーがございますが、
今回入荷はブラックのフジツボダイヤルでございます。

ブラウンの茶ツボも、もちろん人気はございますが、
黒ツボも渋くてカッコイイですよね~。

このモデルの特徴は何と言ってもフジツボダイヤルでございます。

”フジツボ”

1960年代から1980年代にかけて製造されたGMTマスターとサブマリーナーに
存在する尖塔型のアップライトインデックス。
貝のフジツボのように見える事から通称”フジツボダイヤル”と呼ばれている。
海外では”ニップルダイヤル”とも呼ばれております。

光が当たるとキラキラ輝くフジツボインデックスは
非常に味があり魅力的です。

ミラーダイヤルと同じ、
ブラックダイヤルに金レターもカッコイイですね~。

ダイヤルは経年によるキズ、GMT針の夜光にはクラックがございますが、
修正箇所もなくコンディションは良好です!

ヴィンテージはキズや劣化も逆に味となる点がまた魅力ですね!!

この個体もエイジングが良い感じに入っており雰囲気があります。

状態は全体的に年代相応のキズがございます。

ですが、、
ラグ足はズシッとしておりケース痩せは感じられません。

バックルクラスプコードは”VD”

年代の合った14K/オイスターブレスも比較的しっかりとしております!

色味がしっかり残ったオリジナルのベゼルインサートも良い感じです!

リストショット!!激渋な黒ツボ・GMTマスターです!!
是非ガンガンご使用していただきたい!!

ヴィンテージGMTマスター”Ref.1675/3”フジツボ
キラキラ輝くフジツボインデックスがカッコイイ味があるモデルです!
パーツの整合性もしっかり取れたこのような個体はいざ探すとなかなか出てきません。
弊社提携工房にてオーバーホールも完了しております。
雰囲気抜群のGMTマスターコンビモデルをお探しのお客様、
ご検討宜しくお願い致します。

今回ご紹介したロレックス GMTマスター Ref.1675/3 77-78年はこちら

LINE@新入荷速報のフォローはこちら

コミット銀座のロレックス買取価格表はこちら

LINE@でスマホで簡単!無料査定!!

ヴィンテージロレックスに特化したバイブル的な存在の公式WEBサイトCVWD=Commit Vintage Watch Dictionaryはこちら

コミット銀座   エグゼクティブ アドバイザー
金子剛

この記事をシェアする

新着商品

指で左右に動かしてください。
トップへ戻る