LINE@でスマホで簡単!無料査定! 電話でお問合せ メールでお問合せ LINEでテレビ電話する

株式会社コミット

所在地

東京都中央区銀座6丁目4-7
G・O・WESTビル1階,2階,12階

アクセス

【東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線】
 「銀座駅」C3出口から徒歩3分

【東京メトロ銀座線・JR】
  「新橋駅」5番出口から徒歩7分

営業時間

11:00~21:00

8月 2022
SunMonTueWedThuFriSat
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日

時短営業

MENU

阿部泰治のパテック論 ~第115回~ 『カラトラバ』「Ref.6119G-001」

みなさま、こんばんは。

本日、関東甲信地方で観測史上最も早い梅雨明けの発表がございましたね。35℃以上の「猛暑日」も続くとのことで、水分補給をこまめに、熱中症などにならないよう、くれぐれも体調には気をつけてください。

さて今回ですが、昨年の新作発表で話題を攫ったモデルカラトラバ』「Ref.6119G-001がコミット銀座(以下:当店)に初入荷してきましたので、そちらをご紹介していきたいと思います。是非とも最後までお楽しみください。

「Ref.6119G-001」
『カラトラバ』18KWG

2021年の新作で、18KRG(ローズゴールド)※「Ref.6119R-001」と共に登場した18KWG(ホワイトゴールド)仕様の「Ref.6119G-001」。

※「Ref.5119」

前作「Ref.5119」は、ギョーシェ装飾による《クルー・ド・パリ》ベゼルを備え、すっきりとしたホワイトの文字盤にプリントでローマンインデックスが配されており、36mmのケース経も相まって、クラシカルでシンプルな作りでした。(※2019年に生産終了)

対して今回ご紹介する「Ref.6119」は、ケース径が39mmにサイズアップ。『カラトラバ』「Ref.5196」に似たアップライドのゴールド植字インデックスに変更となり、針もゴールドのドルフィン型が採用され、文字盤デザインもより高級感が増しております。

※「Ref.6119R-001」

18KRGケース「Ref.6119R-001」は、当店でも既に数本入荷しており、販売実績がございますが、今回入荷した18KWGケースの「Ref.6119G-001」は初の取り扱いとなり、新作発表時から早く見てみたいと思っていた、私が待ち焦がれていた一本です。

「Ref.6119R-001」の文字盤は温かみのあるシルバー。「Ref.6119G-001」の文字盤は縦サテン仕上げのグレーで、保証書には”ANTHRACITE SATAIN”と書かれております。

※Ref.6119G-001 参照:Patek.com

【パテックフィリップ】の公式サイトの動画を見ると、スモールセコンドがはっきりとしたブラックでツートーンカラーになっておりますが、

※Ref.5235/50R-001 参照:Patek.com

この文字盤を見ると、『アニュアルカレンダー レギュレーター』「Ref.5235/50R-001」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

※Ref.6119G-001 参照:Patek.com

実際には、角度や照明の明るさ、色によって、まったく違う表情を見せてくれて、とても趣き深い文字盤です。

※Ref.6119G-001 参照:Patek.com

「Ref.6119」は《クルー・ド・パリ》のベゼルを備えている点で考えると、「Ref.3919」や「Ref.5119」の後継モデルと思われがちですが、ケースデザインが全くもって異なり、元祖『カラトラバ』「Ref.96」の流れを汲み、ミドルケースから流れるように一体化されております。これは、誰が見ても”『カラトラバ』”であることが分かるケースデザインであり、これまで受け継がれてきた良い部分をしっかりと現代に落とし込んだ、完成度の高い1本であると思います。

※Ref.6119G-001 参照:Patek.com

更には、ケース径が39mmにサイズアップされながらも、文字盤デザインのバランスが良くなっているのは、直径31mmに大型化された新型ムーブメント「Cal.30-255PS」によるもの。従来のムーブメント「Cal.215 PS」は、直径が10mm近く小さい21.9mmであったため、37mm経の「Ref.5196」ではスモールセコンド(秒針)がやや中央寄りになっておりました。今回、大型化されたムーブメントが搭載されたことにより「Ref.6119」はスモールセコンドの位置が下がり、文字盤上のバランスが向上したのです。

また、スケルトンバックから眺めることが出来るムーブメントも非常にダイナミックで迫力があります。もちろん機能面も向上しており、65時間のロングパワーリザーブ、ハック機能(リューズを引くと秒針がストップ)が搭載された点は、非常に嬉しいアップグレードです。

保証書日付は2022年。状態は未使用品で、もちろん付属品も完備で状態も非常に良いです。

気になる販売価格は、4,840,000円(税込)

国内正規希望小売価格は3,894,000円(税込)と、プレミアムな価格設定となっておりますが、流通個体も少なく、保証書日付も比較的直近で、状態も未使用となると、納得の価格であると思います。入荷も少ない『カラトラバ』は、この機会に是非ともおススメのモデルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここのところ以前にも増して【パテックフィリップ】の時計が入荷し、続々と素敵なモデルが魅力的なプライスで登場しております。全てはご紹介できていないため、是非ともホームページのチェックもしてください!

【パテックフィリップ】の商品一覧はここをクリック

また、急激な円安もありますが、今年に入り【パテックフィリップ】の国内正規販売価格は、2月・6月と二度に渡り値上げをしております。当店では、出来る限りみなさまに喜んでいただけるよう価格設定には努めておりますが、今後の相場上昇も大いに考えられるため、気になるモデルがございましたら、是非とも早めにチェックし、ご相談してください!もちろん、私が全力でサポートさせていただきます!!

ではまた!

この記事をシェアする

新着商品

指で左右に動かしてください。
トップへ戻る