LINE@でスマホで簡単!無料査定! 電話でお問合せ メールでお問合せ LINEでテレビ電話する

株式会社コミット

所在地

東京都中央区銀座6-4-7
G・O・WESTビル1階,2階,12階

アクセス

【東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線】
 「銀座駅」C3出口から徒歩3分

【東京メトロ銀座線・JR】
  「新橋駅」5番出口から徒歩7分

営業時間

11:00~21:00

9月 2021
SunMonTueWedThuFriSat
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

緊急事態宣言期間

お盆期間

MENU

阿部泰治のパテック論 ~第65回~ カラトラバ「Ref.5298P-012」 パーペチュアルカレンダー「Ref.5237G-001」

みなさん、こんにちは。

本日は、コミットでは2本目となる”超絶”なカラトラバ「Ref.5298P-012」と、2016年に新作発表された、現行モデルで青文字盤がとても綺麗なパーペチュアルカレンダー「Ref.5237G-001」が入荷致しましたので、そちらをご紹介したいと思います。

今回も素敵な【パテックフィリップ】の時計たちですので、是非最後までお楽しみください。

「Ref.5298P-012」 カラトラバ Platinum

こちらは、Platinum(プラチナ)ケースにバゲットカットのダイヤモンド(※以下バケットダイヤ)をベゼルとバックルに配した、シンプル且つゴージャスなカラトラバです。

2013年に発表され、2017年に生産終了となったので、僅か4年間と短命で終わった希少なモデルです。コミット銀座でも過去に販売実績はございますが、それは22個のバゲットダイヤがフォールディングバックルにセットされていた、スペシャルな仕様でした。

今回入荷した個体は保証書も付属しており、着用もあまりされていない、状態が非常に良いオススメの個体です。

ベゼルには、約3.37カラットの豪華なバゲットダイヤが38個もセットされており、ツヤのある文字盤がさらに引き立ち、色気たっぷりです。*文字盤インデックス12、6、9時位置に計4個のバゲットダイヤ、その他インデックスに8個のブリリアントカットのダイヤモンドがセット。

もちろん、ケース6時位置にはPlatinum(プラチナ)ケースが差別化されている事が一目瞭然で分かる、ダイヤモンドがセットされています。

ケースは「Ref.96」から受け継がれた、シンプルでありながらも無駄のない造りですね。さらに、ケースと一体になった、流れるような曲線を描いたフォルムのラグは美しいの一言です。

使用によるスレや小キズはございますが、過去にポリッシングはされていない、しっかりとした印象の良い個体です。

スケルトンバックから覗く「Cal.324 S C」は、21KYG(イエローゴールド)のローターが美しい、【パテックフィリップ】が誇る自社製自動巻きムーブメントであります。巻き上げ効率と安定性がさらに向上しました。

保証書の日付は2014年10月。

約0.30カラットのバゲットダイヤが6個配された、プラチナ製のピンバックルが付いたアリゲーターベルトも着用感がなく、良い状態を保っています。

冊子類もしっかりと付いており、箱も含めて保管状態も良くオススメです。

気になる販売価格は、8,789,000円(税込)

販売時の国内参考定価が12,914,000円(税込)でしたので、かなりお得感のあるお値段だと思います。

「Ref.5327G-001」 パーペチュアルカレンダー 18KWG

パーペチュアルカレンダー「Ref.5140」の後継機として、2016年に発表された現行モデル「Ref.5327G−001」。ケース径が37.2mmから39mmへとサイズアップされ、厚みも8.8mmから9.71mmと増し、現代的なサイズ感となりました。

今回初めて「Ref.5327」を扱うのですが、見た目の印象はカッコいいの一言です。コミットのメンバーも口々に言っておりますので、間違いないと思います。(笑)

とても綺麗な発色の良いブルーソレイユ文字盤に、存在感大なアップライドのブレゲ数字インデックス。そこに太くしっかりとしたリーフハンドの組み合わせが目を引きますね。

また、ケースサイドから見ると、ラグからリューズ手前のケース中央部分にかけて、えぐったような窪みがあるのが分かります。ケース厚を僅か1mmほどサイズアップさせて、このケースデザインを盛り込むのは【パテックフィリップ】の熟練した技術の賜物であると思います。

スケルトンバックから覗く超薄型の自動巻き永久カレンダー・ムーブメント「Cal.240 Q」は、1985年に登場した「Ref.3940」とともに誕生し、現代にいたるまで長きに渡り使用されている信頼と安定のムーブメントです。

使用によるスレや小キズはございますが、着用感の少ないアリゲーターベルトは、まだまだご使用いただけます。

付属品はもちろん完備し、保証書の日付は2020年12月。メーカー保証期間が1年半ほど残っている点は、プラスポイントですね。

中古市場でもあまり見かけず、国内正規販売店でも非常に人気のあるモデルです。

気になる販売価格は、8,250,000円(税込)

国内正規販売価格が11,143,000円(税込)ですので、年式、状態を考慮すると、こちらもかなりお得感のあるお値段だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここ最近、本当に魅力的な【パテックフィリップ】のモデルが続々と入荷してきております。中には、市場での流通も少なく、滅多に見れないモデルも多数ございますので、是非とも一度遊びにいらして下さい。

また、たわいもない【パテックフィリップ】談義も絶賛受付中です。(笑)

皆さんの楽しい時計ライフの手助けが出来るよう、次回も面白い記事をお届けします。

では、また!

新着商品

指で左右に動かしてください。

おすすめのコラム

トップへ戻る