LINE@でスマホで簡単!無料査定! 電話でお問合せ メールでお問合せ LINEでテレビ電話する

株式会社コミット

所在地

東京都中央区銀座6丁目4-7
G・O・WESTビル1階,2階,12階

アクセス

【東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線】
 「銀座駅」C3出口から徒歩3分

【東京メトロ銀座線・JR】
  「新橋駅」5番出口から徒歩7分

営業時間

11:00~21:00

1月 2022
SunMonTueWedThuFriSat
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

定休日

緊急事態宣言期間

お盆期間

MENU

《パテックフィリップ ドレスウォッチ》販売強化!

現在、コミット銀座(*以下:当店)では、

【パテックフィリップ】”ドレスウォッチ”

の取り扱いを強化しております。

2021年『ノーチラス』『アクアノート』など、ラグジュアリースポーツウォッチの価格高騰は著しく、買いたいと思っても高すぎる、、、そんな方も多くいらっしゃったかと思います。

一方で、

・価格が高騰しきっていない
・カジュアルでもフォーマルでも、幅広く使用できる実用性と汎用性
・高級時計ブランドが必ず展開しているライン

実はいま、上記を網羅した”ドレスウォッチ”に注目が集まっているのです。

今回は、2022年1月6日現在の在庫をご紹介致しますので、是非ともこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

※掲載商品が販売に至ってしまう場合がございます。
※ご希望の商品が無い場合はご容赦下さいますようお願い申し上げます。

【パテックフィリップ】とは?

【ヴァシュロンコンスタンタン】【オーデマピゲ】とともに世界三大時計の一つとされている【パテックフィリップ】は、1839年にアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとフランソワ・チャペックによって設立されました。

高い技術力を基に創業当初から今日に至るまで、全ての機構を自社で生産しているマニュファクチュールとして名を馳せており、最高品質を常に保証する「永久修理」を謳っています。

ドレスウォッチとは?

”ドレスウォッチ”とは、フォーマル、セミフォーマル、ビジネスシーンで身に着けられる腕時計のことを指します。

特徴をまとめると、
①シンプルで薄い
②2針か3針
③革ベルト
④金やプラチナなどの無垢素材が多い

基本的にはアナログ式の2針、40mm以下のケース径、レザーベルト、袖口に美しく収まる薄型、ローマン数字・バーインデックスやドットインデックスなど、無駄な装飾を省いたシンプルなデザインが望ましいとされ、シンプルであればあるほど高貴とされています。これらの意図は「時間を気にせずにこの場を楽しむ」といったニュアンスが込められていることが背景にあるのです。

取扱商品ご紹介!!

では早速、2022年1月6日現在、当店での取扱い商品をご紹介していきましょう!!

『10デイズ ミレニウム』 18KWG
「Ref.5100G-001」

【パテックフィリップ】が2000年(ミレニウム)を記念して発売し、当時新開発の10日巻き角型キャリバーを搭載していることで話題となった「Ref.5100G-001」。

18KWG(ホワイトゴールド)のケースは、限定450本と数少なく、コレクターからも人気があるモデルとなります。また、裏蓋のスケルトンバックから、美しいムーブメントを堪能出来るのも特徴です。

《実機の特徴》
使用による細かいスレがわずかにございますが、目立つキズはなく、未使用のストラップが付いています。付属品が充実している点もオススメポイントの一つです。

※商品の詳細はコチラ

『レギュレーター アニュアルカレンダー』 18KRG
「Ref.5235/50R-001」

2012年に発表された【パテックフィリップ】初のレギュレーターモデル「Ref.5235」の新バリエーションとして、2019年に登場した18KRG仕様の「Ref.5235/50R-001」。

【パテックフィリップ】の名誉会長、フィリップ・スターン氏の執務室に置かれていたレギュレーターホールクロックからインスパイアされたと言われております。サテン仕上げのグラファイト×エボニーブラックの2トーン文字盤が、落ち着いた雰囲気を醸し出しております。

《実機の特徴》
こちらは、使用によるスレや小キズこそございますが、ノンポリッシュのケースで高年式(保証書日付2021年)と、オススメの一本です。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 PLATINUM
「Ref.5196P-001」

ラウンド型腕時計の古典として、また【パテックフィリップ】のスタイルを象徴する最も美しいモデルとして世界中に知られている『カラトラバ』。

スモールセコンドを備えたシンプルな三針の『カラトラバ』は、どのシーンにおいても使用できる万能なデザインとなっています。こちらの「Ref.5196P-001」は、「Ref.3796」の後継モデルとして、手巻き式のムーブメント「Cal.215 PS」を採用しており、より美しさに磨きが掛かっていると言えるでしょう。

《実機の特徴》
使用によるスレ、キズはございますが、ケースはしっかりとした、印象の良い時計です。

※商品の詳細はコチラ

『アニュアルカレンダー』 18KWG
「Ref.5205G-001」

18KWG(ホワイトゴールド)仕様のケースにロジウム文字盤のコントラストが高級感を演出している『アニュアルカレンダー』「Ref.5205G-001」。

弧を描くようにセットされた曜日・日付・月が文字盤上にセットされていることで視認性が高く、使いやすさも備わっているモデルです。

《実機の特徴》
使用によるスレ、小キズはございますが、ケースはしっかりとした印象の個体です。フォールディングバックルの仕様になっている点もオススメです。

※商品の詳細はコチラ

『ゴンドーロ 10デイズ』 18KYG
「Ref.5100J-001」

リオデジャネイロの著名な販​​売店であり、【パテックフィリップ】が1872年から1927年まで取引関係を持ち続けた、ゴンドーロ&ラブリオ社にちなんで名付けられた『ゴンドーロ』

こちらの「Ref.5100J-001」は、1500本限定の18KYG(イエローゴールド)仕様。ゴールドはケースだけでなく、針、インデックスにも使用されており、シルバーホワイトの文字盤との対比が美しいデザインとなっています。10デイズ表示、スモールセコンド表示は、センターを挟んで縦に配列され、見事に調和が取れております。

《実機の特徴》
使用によるスレや小キズはございますが、ケースはしっかりとした印象の良い時計です。未使用のベルトが付いている点もオススメです。

※商品の詳細はコチラ

『アニュアルカレンダー』 PLATINUM
「Ref.5035P-024」

PT(プラチナ)ケースに「Cal.315 S QA 24 H」を搭載したコンプリケーションモデル『アニュアルカレンダー』 「Ref.5035P-024」。

【パテックフィリップ】には珍しい、ローマンインデックスとリーフ針の組み合わせが特徴的なこちらのモデルは、インダイヤルを拡大して視認性を高めるために、文字盤左上の曜日と右上の月表示が中心から少し上にセットされています。

《実機の特徴》
使用によるスレや小キズはございますが、ケースはしっかりとした印象の良い時計です。PT(プラチナ)ケースのモデルは、市場でも出回りが少なく希少です。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KYG
「Ref.5196J-001」

シンプルな三針『カラトラバ』の18KYG(イエローゴールド)仕様「Ref.5196J-001」。

シルバー文字盤にゴールドのケース、インデックス、針が洗練された気品漂うデザインとなっています。

《実機の特徴》
保管時に付いたと思われる細かいスレは多少ございますが、ストラップを通した形跡のない未使用品です。保証書日付も2021年と高年式で、メーカー保証も残っておりますので、安心してお使いいただける1本となっております。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KRG
「Ref.5296R-001」

1930年代から1940年代のアンティークウォッチにしばしば見られる「セクターダイヤル」デザインの『カラトラバ』「Ref.5296R-001」。

東京都の紋章に似ていることから「東京都ダイヤル」などとも呼ばれています。肌なじみの良い18KRG(ローズゴールド)のケースにブルースチール針の組み合わせが高級感溢れる一本です。センターセコンドの自動巻で、カレンダーも搭載している為、実用性が高いモデルです。

《実機の特徴》
弊社提携工房にて外装仕上げを行なっているため、ケース・ベゼルにはスレ、キズが見当たらず、綺麗な状態となっております。革ベルトは未使用品。付属品に純正の尾錠も付いている為、綺麗な個体をお探しの方、是非オススメです。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KWG
「Ref.6006G-001」

“キャリバー・240”の誕生40周年を記念したモデル「Ref.6006G-001」。

ブラック文字盤に18KWG(ホワイトゴールド)ケースの組み合わせが上品な印象のこちらは、針先の赤がアクセント。シースルーバックの裏蓋からは、マイクロローターを採用した薄型ムーブメントを眺めることができます。

《実機の特徴》
2021年10月に正規メーカーにてオーバーホール、外装仕上げを行なっており、全体的にキレイなコンディションとなっておりますので、安心してご使用頂ける個体です。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KWG
「Ref.6000G-001」

ブラックの文字盤にポインターデイトの鮮やかな赤色が特徴的な「Ref.6000G-001」。

シースルーバックになっており、マイクロローターを採用した薄型ムーブメント「Cal.240 PS C Aiguille」をご覧頂くことが可能です。

《実機の特徴》
使用に伴うスレ、キズがございますが、全体的にキレイな状態を保っております。付属品も全て揃っております。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 ベゼルダイヤ 18KWG
「Ref.4897G-010」

ギョーシェ彫りが施されたグレー文字盤と、ベゼルにセットされたダイヤモンドが、控えめながらも美しさを際立たせる『カラトラバ』「Ref.4897G-010」。

薄型のケースが特徴的で、ケースバックからは自社製ムーブメント「Cal.215」をご覧頂けます。

《実機の特徴》
使用による小キズは若干ございますが、ケース、サテンバンド共に比較的綺麗な状態を保っています。こちらも付属品はしっかり揃っております。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KRG
「Ref.5119J-001」

前モデル「Ref.3919」のディテールはそのままに、ケースサイズを3mmアップさせ、36mmで発表された『カラトラバ』「Ref.5119J-001」。

シンプルなダイヤルデザインですが、『クルー・ド・パリ』装飾のベゼルが華やかさをしっかりと添えています。搭載している薄型手巻きムーブメント「Cal.215 PS」は、約44時間のパワーリザーブを誇り、シースルーバックの裏蓋からはその美しい姿をご覧頂けます。

《実機の特徴》
使用に伴うスレ、キズはございますが、ケースがしっかりとした印象の良個体です。付属品も揃っており、プライスも魅力的なオススメ商品です。

※商品の詳細はコチラ

『カラトラバ』 18KYG
「Ref.2555」

「クンロク」の愛称で知られる1932年登場の初代『カラトラバ』「Ref.96」のケースデザインを受けついだ後継機「Ref.2555」。

ドットのミニッツスケールがエレガントな雰囲気を醸し出し、センターセコンドのムーヴメント「Cal.27SC”」を搭載したこちらは、スクリューバックの採用により、防水性を高めたモデルです。

《実機の特徴》
使用によるスレや小キズはございますが、製造年を考慮すると、文字盤・針・ケースのコンディションが良い個体です。

※商品の詳細はコチラ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近年はカジュアルからフォーマルまで対応可能な、多種多様なデザインのドレスウォッチが展開されています。きっとご自身好みの1本を見つけることが出来るはずです。

当店では、今回ご紹介したように豊富な品揃えでお待ちしておりますので、是非この機会に【パテックフィリップ】”ドレスウォッチ”のご購入を検討してみてください。

※ご購入だけではなく、買取も強化中!
お持ちの時計を適正時価でしっかり評価致します!

新着商品

指で左右に動かしてください。
トップへ戻る