LINE@でスマホで簡単!無料査定! 電話でお問合せ メールでお問合せ LINEでテレビ電話する

コミット銀座

東京都中央区銀座6-4-7 G・O・WESTビル1階

アクセス

東京メトロ銀座駅
【銀座線】【丸ノ内線】【日比谷線】C3出口から徒歩3分
JR新橋駅、東京メトロ新橋駅5番出口から徒歩7分

営業時間・休店日はこちら

MENU

【COMMIT×OTOKOMAE】世界的スターをも虜にしてきたアンティークロレックス「GMTマスター」が秘める4つの魅力とは?

ロレックスの中でも空の実用時計として絶大な支持を集める「GMTマスター」。なかでもアンティークのGMTマスターⅠは、ベゼルやトリチウムの焼け、ブレスのデザインなど、現行のGMTマスターⅡとは一味違う価値・魅力を数多く備えている。今回はそんなアンティークロレックス 「GMTマスターⅠ」にフォーカスし、その魅力を紹介!

男が憧れる偉人をも虜にするロレックス「GMTマスターⅠ」とは?

GMTマスターのファーストモデルが発表されたのは、1955年のこと。ロレックスはサブマリーナやエクスプローラーの成功で、実用時計ブランドとして評価を高めていた。そんななか、当時世界一の航空会社と呼ばれていたパンナム航空にパイロットウォッチの制作を依頼されたことをきっかけに、GMTマスターを開発。両方向回転ベゼルと24時間針により、2つのタイムゾーンの時刻を同時に読み取ることを実現した。その完成度に感服したパンナム航空は、GMTマスターを公式時計に採用。陸のエクスプローラー、海のサブマリーナに続く、「空」の実用時計としてロレックスのラインナップに加えられた。

時計の詳細はこちら

ロレックスの中でも不動の人気を誇るGMTマスターは、誕生から現在に至るまで、数多くの著名人が愛用している。特に有名なのが1947年に世界で初めて超音速飛行を実現した「チャック・イエーガー」。音速突破から50周年を迎える1997年には世界150本限定でチャック・イエーガー特注モデルが発売されており、愛機とともに個人名が裏蓋に刻印されたことで話題を集めた。また、ファーストモデルは映画『007 ゴールドフィンガー』にも使用されており、女性パイロットのプッシー・ガロアが着用。当時から「空」の腕時計として認知されていたことが伺える。

洒落者からの支持もアツい!ほどよいヴィンテージ感を醸す「GMTマスターⅠ」なら差別化も簡単

GMTマスターの一目見てそれとわかる特徴的なベゼルデザインは、アパレル業界や関係者、洒落者の間でも高い支持を集めている。特にアンティークモデルなら、色焼けしたベゼルやインデックス、針が現行とは一味違う奥深さのある雰囲気に。経営者やエグゼクティブに多いロレックス愛好家からも一目置かれる個体で資産価値も十分なうえに、洒落感も打ち出せるという一石二鳥なアンティークロレックスがGMTマスター Ⅰ(Ref.16750)だ。

時計の詳細はこちら

「GMTマスターⅠ」が秘める4つの魅力とは?

人気の高いGMTマスターシリーズは、現行でも手に入れづらいとはいえ他と被ることも少なくない。そんなGMTマスターシリーズのなかでも差別化を狙えるうえ、資産としても価値のあるモデルとして、玄人から熱視線を集めているのがアンティークロレックスの“GMTマスターⅠ”だ。次の項ではそんなGMTマスターⅠが秘める4つの魅力を紹介!

GMTマスターⅠの魅力①「象徴的デザインの“ベゼルカラー”」

回転ベゼルのカラーリングは、デザイン面において最もわかりやすい魅力。GMTマスターでは、シリーズを通してさまざまなカラーのベゼルが製造されてきた。なかでも代表的なのが「ペプシ」と呼ばれる青×赤ベゼル。ほかにも「バットマン」の異名を持つ黒×青ベゼルや「コーク」と呼ばれる黒×赤ベゼル、シンプルな黒単色のベゼルも存在する。さらに、ゴールド(金無垢素材)モデルやコンビネーションモデルでは「クリント・イーストウッドモデル」「ルートビア」と呼ばれている黒×茶ベゼルも。基本的にデザインのバリエーションを増やさない主義のロレックスが、これほどまでに多様なカラーをリリースしていることからも、ベゼルデザインがいかにGMTマスターを象徴しているかがわかるだろう。

上で紹介したベゼルのカラーバリエーションは現行のGMTマスターⅡのみで展開されているものもあるが、GMTマスターⅠも様々なカラーバリエーションが展開されていた。しかし王道はやはりペプシ(青×赤)ベゼル。なかにはベゼルのデザインを見るだけで年代・世代を判断できる玄人が存在するほど、このベゼルデザインは奥深い。GMTマスターⅠを購入する際は、ベゼルのコンディションチェックは欠かさずに行いたいところだ。

GMTマスターⅠの魅力②「ベゼルとのカラーバランスが秀逸なトリチウム焼けしたインデックス」

インデックスや針に塗られたトリチウムの「焼け」はアンティークロレックスの醍醐味。綺麗なクリーム色に焼けている個体は高価格帯で取引されている。インデックスが綺麗に焼けていて、ベゼルの色味が綺麗な状態の個体であれば、アンティークGMTマスターⅠだけの美しいコントラストを表現できるだろう。

GMTマスターⅠの魅力③「現行の青赤ベゼルでは手に入らない!オイスターブレスのステンレススチールモデル」

ロレックスのなかでもポピュラーなブレスといえば5連のジュビリーブレスと3連のオイスターブレスだ。GMTマスターはⅠ、Ⅱ共に世代によってブレスのデザインが分けられる。ちなみに、現行モデルのGMTマスターⅡ(Ref.126710BLRO)は、ジュビリーブレスを採用。ゴールドモデルやコンビネーションモデルではオイスターブレスを採用しているものの、青赤ペプシベゼルのGMTマスターでオイスターブレスを望むなら、アンティークを含む過去モデルしか選択肢がないということだ。もちろんジュビリーブレスを採用したGMTマスターⅠも第2世代で存在するが、展開数の割合で言えばオイスターブレスが大半を占める。

GMTマスターの魅力④「アンティークGMTマスターⅠは世代ごとに価値が異なる!」

4世代にわたり製造されてきたGMTマスターⅠ。それぞれの世代によって、時計の価値も異なるのが興味深い。ファースト世代のRef.6542は超レア個体として知られている反面、ベゼルが割れやすいベークライト仕様であるなど耐久性に課題があった。そんなファーストを改良した第2世代は、ロングセラーモデルとして約20年間に渡って生産されてきた歴史を持つ。さらに実用性を高めた第3世代や、現行GMTマスターⅡに近いスペックを誇る第4世代など、それぞれの特徴を挙げるとキリが無い。

そのなかでも、アンティークの魅力を備えながら入手も現実的なのが第3世代のRef.16750だ。価格相場としては、120万〜160万円ほど。手巻き式デイトナなど1千万円を軽く超えるものもあることを考えると、GMTマスターⅠは1本目のアンティークロレックスとして手を出しやすいモデルだと言えるだろう。また、第3世代の“Ref.16750”は価格面だけでなく、実用性の高さもおすすめの理由。日付けを手動で早送りできるクイックチェンジ機能や、100mの防水性能を誇るなど、高いユーザビリティを実現している。

無理して購入するほどの高額なモデルは資産価値こそ高いものの、日常的に使うのは躊躇してしまうもの。デリケートな扱いが必要なモデルであればなおさらだ。その点Ref.16750は、アンティークでありながら日常使いにも申しぶんない実用性を誇る。

ヴィンテージロレックスの購入は「コミット 銀座」にお任せあれ!SNSをフォローすればよりお得にレア個体をゲットできる可能性アップ

今回の記事で紹介したヴィンテージ ロレックスのGMTマスターⅠは「コミット 銀座」のもの。このショップでは、比較的手の出しやすい価格帯のモデルから、1千万円を軽く超える希少個体まで幅広い種類のヴィンテージ ロレックスを常にストックしている。ヴィンテージロレックスデビューを果たすなら、コミット 銀座に相談してみるのが有力だ。LINEInstagramでは最新の入荷情報やヴィンテージロレックスに関するノウハウを頻繁に発信中。フォローしておけばヴィンテージロレックスをお得にゲットできる可能性がグッと高まることうけあいだ。20204月より、ヴィンテージロレックスの情報をまとめた専門サイトCVWD.JP開設しているため、ヴィンテージウォッチに興味のある方はぜひチェックを!

TIEUP WITH OTOKOMAE

公式ページはこちら

https://otokomaeken.com/watch/167275

お知らせ

商品情報やコミットに関するニュースをお届けします。

お客様の声

コミット銀座にご来店のお客様のお声を掲載しております。
有難いお声を励みに今後とも精進いたしますので、
何卒よろしくお願いいたします。

三川様

”ヴィンテージ時計を正当に評価して頂けました。”

ヴィンテージロレックスを委託しましたが、他店では教えてくれなかった事まで評価して予想以上の金額を提示してくれました。買い替えも何度もしてますが、詳しく教えてもらえるのがありがたい。
伊藤様

”はじめての委託でしたが、すごく安心できました。”

委託のシステムが分からず不安だったのですが、丁寧に説明して安心できました。 ずっとどこで買い取ってもらうかばかり悩んでいたのですが簡単に解決できました。 他で買取ってもらわず良かったです。
トップへ戻る