【2023年下半期】
コミット銀座 HPアクセス数ベスト5
~【ロレックス】"セミヴィンテージ編"~

インターネット上での商品購入が当たり前となっている昨今。高級腕時計も例外ではございません。当店においても、ホームページ(以下:HPと表記)で公開している情報を、事前に検索して来店される方や、そのままインターネット上で購入される方も多数いらっしゃいます。実際に、アクセス数が多い商品に関しては即販売に至っているケースがほとんど。このことからも、市場での注目度や人気の度合いを測るうえで、HPアクセス数は重要な指標となるのです。

そこで、当店の直近半年間におけるアクセス数上位5本を、ブランド毎に複数回に渡ってご紹介していきたいと思います。こちらのランキングに注目し、是非とも実需の高いモデルを見極めるひとつの知見にしていただければと思います。

今回は、高級腕時計の代名詞【ロレックス】のセミヴィンテージモデルにフォーカスを当て、ご紹介していきます!ぜひ最後までお楽しみください。

第5位
『サブマリーナー グリーン』「Ref.16610LV」

第5位には、【ロレックス】のコーポレートカラーであるグリーンを採用し、『サブマリーナー』生誕50周年記念となる2003年に誕生した「Ref.16610LV」がランクイン。

2010年頃まで製造されていたこちらは、風合いのあるグリーンのアルミニウムベゼルが人気のモデルです。代々引き継がれているグリーンカラーのベゼルは、後継機にあたる「Ref.116610LV」よりセラクロムベゼルへと変更されている為、この初代の色味は唯一無二とも言えるでしょう。また、”フラット4”、”ビッグスイス”などの特徴を有した個体は、根強い人気を誇り、高値で取引されることもしばしば。デザイン性はもちろんのこと、機能性、資産性を考慮しても非常にオススメな一本です

第4位
『GMTマスターⅡ』「Ref.16710
」赤×青ベゼル

第4位には、初代『GMTマスターⅡ』「Ref.16760」の後継機として、1988年頃(R番)~2008年頃(M番)まで製造されていた「Ref.16710」赤×青ベゼルがランクイン。

ベゼルカラーが”赤×黒”のみの展開であった前モデル「Ref.16760」に対して、当時既に生産終了していた”黒×黒”と”赤×青”を復刻させて登場しました。ロングセラーモデルということもあり、マイナーチェンジがいくつも施されていますが、中でも2005年〜2008年(シリアルD、Z、M番)に見られる”スティックダイヤル”の人気が特に高くなっています。また近年、ご自身の生まれ年と時計の製造年が一致する個体、通称”バースイヤーウォッチ”をお探しになる方が増えてきていますが、20代後半~30代前半の方々は、一生モノの一本として選んでみてはいかがでしょうか。

第3位
『エクスプローラーⅡ』「Ref.16570」白文字盤

第3位には、1988年頃(R番)~2010年頃(ランダム番)まで製造されていたロングセラーモデル『エクスプローラーⅡ』「Ref.16570」の白文字盤がランクイン。

デイト表示やGMTなど、充実した機能面を持ちながらも、オンオフ問わず使いやすいクラシックなデザインであることから人気を博しているこちらは、ケースとブレスレットを留めるラグの横に”穴”が空いていることで、”ストラップ交換”がしやすくなっており、NATOストラップに変えて楽しまれている方も多くいらっしゃいます。後継モデルはケースサイズが42mmへと大型化されている為、40mmのサイズ感が良いという方は、こちらのモデルを選ばれるのが良いでしょう。

第2位
『エクスプローラー』「Ref.14270

第2位には、シンプルな装いであることから、高級腕時計の入門機としても選ばれることの多い『エクスプローラー』より「Ref.14270」がランクイン。

“冒険家のために作られた時計”のコンセプト通り、堅牢性の高いケースや視認性に優れた文字盤など、使い勝手が非常に良いこちらは、オン・オフ問わず着用できる汎用性の高さと、手にとりやすい価格帯も相まって非常に人気の高い一本です。ネクストヴィンテージモデル筆頭株としての注目度も高く、特にシングルバックルとケースサイドに横穴が開いた”初期個体”は、「資産性を重視して選びたい!」という方にも、おすすめの個体です。

第1位
『デイトナ』「Ref.16520」黒文字盤

栄えある第1位には、1988年頃(R番)~2000年頃(A番)に製造された『デイトナ』4代目にあたる「Ref.16520」黒文字盤がランクイン。

こちらは、クロノグラフムーブメントの名機と名高い【ゼニス】社の”エル・プリメロ”をベースとした自動巻ムーブメントを搭載しており、【ロレックス】の中でも1、2位を争う人気を誇っています。製造時期によって個体差があり、中でも通称”パトリッツィ(ブラウンアイ)”と呼ばれるインダイヤルがブラウンカラーに褪色した個体などは特に希少性が高く、高額取引されています。その仕様の多さから「よく分からない!」という方も多いですが、まずは信頼できる鑑定士やスタッフに確認してから購入することをオススメいたします。

まとめ

やはり1位は人気の『デイトナ』という結果になりましたが、皆さまの予想は当たりましたでしょうか。

セミヴィンテージモデルはマイナーチェンジが施されている個体が多く、年代毎にその雰囲気や時計の価値も大きく変わります。更には、相場が下がりにくく、流通量が増えることのない”数に限りある廃盤モデル”となりますので、今後に期待出来る注目株とも言えるでしょう。しかしながら、どれでも良いという訳ではもちろんございませんので、売買をご検討の際は、まず当店までお気軽にご相談ください。お客様のご要望や状況に応じて、適切にアドバイスさせていただきます。

今回も、本記事が皆さまの売買における参考になれば幸いです。次回以降のアクセス数ランキングもお楽しみにお待ちください!

この記事をシェアする

新着商品

指で左右に動かしてください。
トップへ戻る